スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

まぐろ祭りができちゃいますっ

※この物語は、一部ノンフィクションです。

―――ある日の事務所。

やよい「うっうー! ただいま戻りましたーっ!」

千早「ただいま戻りました…って、プロデューサー? 何をしてるんですか…?」

P「ああ、二人ともおかえり。 いや、どうしたモンかなーと…」

千早「? 何をですか…って、その包みは…」

P「いや、実はな、今日いきなり社長が『よし、今日はキミにまぐろを買ってあげよう! それで自炊でもしなさい!』って。」(実話)

千早「……は?」

P「…ああ、うん、オレもその話聞いた時、ちょうどそんな顔してた」

やよい「はわっ! な、なんかスゴイ大きなお魚さん切り身が…」

千早「…プロデューサー、どうされるのですか、コレ」

P「うーん…。 よし、折角だから何か作るか!
  やよい、何か食べたいメニューはあるか?」

やよい「え゙っ!? え、えーっと、ま、まぐろ、まぐろ…。
     あ、あの、その、給食で食べたまぐろの竜田揚げがおいしかったですっ!!」


P「んー…、今ある材料じゃちょっと竜田揚げは難しいな。他になんかあるか?」

やよい「え、えー…っと、それしかまぐろのお料理って食べた事ないかなー、って…」

P「う……」

千早「高槻さん…。
   あの、プロデューサー、ここはシンプルにまぐろ自体の味が楽しめる、鉄火丼なんてどうでしょう?」


P「お、鉄火丼か…。確かにあれなら材料も手間も少なくてすむな。
  よし、やよい! オレが美味しいまぐろを食べさせてやるからな!」

やよい「ほ、ホントですかっ! うっうー、楽しみですっ!!」

[※以下長文注意]

[まぐろ祭りができちゃいますっ]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2009/03/11(水) 00:08:12|
  2. 小話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

もうダメだ。色々と。うん。

せっかくだから俺は②を選ぶぜ!

―――歌う事が大好きな少女・如月千早。
ある日、彼女がいつものようにレッスンに向かおうとすると、突如空から降ってきた一つのペンダント。
驚きつつも、落し物として警察に届けようと街に向かうと、
そこにはどこからともなく聴こえてくる不協和音と、それに耐え切れず倒れ込む人々の姿が!

日頃のレッスンで鍛えられていた千早は、不協和音に耐えながらその発生源を探して、
街中にある特設ステージへと辿り着く。
そこには、巨大なスピーカーと、『961』の文字が刻まれた黒服に身を包む集団。

”なんとかして止めないと、このままじゃ・・・っ!”

その時、ポケットのペンダントが、強い光と共に喋りだした!

「私の名前は”ミッシング・ムーン”。世界征服を企む悪の組織『961プロ』の野望を阻止する為に、別の世界からやってきたの。
如月千早さん、アナタの歌声には強いエネルギーを感じるわ。お願い、チカラを貸して―――!」

戸惑いながらも、この状況を見過ごすわけにはいかないと思った千早は、
ペンダントにチカラを貸す事を決意する。

「この世に歌があるかぎり、悪の音色は響かせない!
魔法少女、ミッシング・ムーン! ”やすらぎの旋律、届けますっ☆”」



[もうダメだ。色々と。うん。]の続きを読む
  1. 2009/03/06(金) 02:29:52|
  2. 小話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

やよい、焼肉を食べる

P「―――ただいま戻りましたー」

やよい「あ、プロデューサー、おかえりなさーい!」

P「お、居たのかやよい…って、…何してるんだ? ご飯なんか持って…」

やよい「えへへ~、実はですね、これからなんと焼肉を食べるんですっ!!」

P「ええっ!? やよいがっ!? …じゃなくてココでかっ!?」

やよい「はいっ! しかもなんと食べ放題ですっ!!」

P「あ、いや、そうじゃなくてだな、こんな室内で焼肉なんてやったら…いやその前に社長に許可とか…」

やよい「それじゃ、いっただっきまーすっ!!」

P「あっ、ちょ、ちょっと待てやよ―――」

http://airyakiniku.cosaji.jp/

P「―――…何だコレは?」

やよい「うっうー! さっきいんたーねっとをやってて見つけましたー!」

P「………えーと」

やよい「!! ああっ!?」

P「うおっ!? ど、どうしたやよい」

やよい「…あのぅ…、プロデューサー、”焼肉のタレ”って、た、高いですか…?」

P「(´;ω;`)ぶわっ やよいっ! 焼肉食べに行こうっ!! 奢るからっ!!!」


[やよい、焼肉を食べる]の続きを読む
  1. 2009/02/04(水) 23:07:48|
  2. 小話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

秋のとある日。

千早「―――ただいま戻りました」

春香「あ、ふぃふぁやふぁん、ほはへひー」

千早「…春香、口に物を入れながら喋るのは行儀悪いわよ?」

春香「あっ、ふぉへんふぉへん。…ん、ごっくんっ」

千早「まったく、もう。…で、一体何を食べていたの?」

春香「あ、えっとね…。
   えへへ、実は事務所の近くに新しいケーキ屋さんが出来てるのを見つけちゃって…。
   じゃんっ!!



千早「………。」

春香「どれもすっごく美味しいのっ! 千早ちゃんも食べる?」

千早「…春香」

春香「?」

千早「太るわよ?」

春香「ゔっ……」


[秋のとある日。]の続きを読む
  1. 2008/10/30(木) 00:19:22|
  2. 小話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

料理の秋?

P「―――と、言うわけでコロッケ作るぞー」

千早「何が『と、言うわけで』なのかさっぱり分かりませんが」

やよい「うっうー! コロッケなんて差し入れのお弁当以来ですっ!」

P「やよい・・・」
千早「高槻さん・・・」


[料理の秋?]の続きを読む
  1. 2008/10/13(月) 19:34:40|
  2. 小話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

R(略)P

Author:R(略)P
ニコ動にひっそりと
アイマスMADをアップしてたり。

※画像は歪氏の捏造グラをお借りしています。

Mail:r_ryaku略hotmail.co.jp (略を@に)

【zoome】:略式別件





【気まぐれに更新してます】
コミックダッシュ! R-ryaku の所有コミック

最新記事

最新コメント

カテゴリ

雑記 (280)
小話 (6)
制作関連 (128)
ニコマス関連 (75)
アイマス関連 (28)

月別アーカイブ

リンク

順不同・敬称略です。

検索フォーム

カウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。