スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

冬の雨の冷たさ

本当に冬の雨というのはビックリするくらいの勢いで体温を奪っていきますよね。

そんな雨に打たれながらの帰り道、ぼんやりと演出としての”雨”について考えたりしていました。
雨というのはわりと容易に感情に直結させやすくて、
実際、雨に打たれて悲しみに暮れるなんてシーンはよく目にします。
初夏~夏の雨なんかでは、明るい方向の演出に使われることもありますが、
(ずぶ濡れになりながら笑い合うなんて描写はなんかイイですよね)
まさに今のこんな時期の雨というのは、もっぱら暗い・悲しい方向への演出として用いられる事が多くて。
まぁ確かにこんな冷たい雨に濡れながら笑い合うというのも難しそうですが。歯がカチカチ鳴ってそうな。

ただ不思議なのが、雨が感情に訴えるというのは自分の感覚として確かにあるのですが、
じゃあ”なぜ雨は感情に訴えるのか?”という問いに対して、明確な答えが出せないんですよね。

彩度を落とす景色、不明瞭になる視界、ノイズのように鳴り続ける雨音。
日常より少しだけ外れたような感覚が、空間を特別にするんでしょうかね?
  1. 2008/12/18(木) 00:17:19|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<ヘロヘロです | ホーム | 平日の時間を貯金したい…>>

コメント

視覚的には流れ落ちる涙を連想させるのではと思いますが、
天候が感情に例えやすいから?な気がします。 人間味があるといいますか。。。

確かに雨の日に悲しくなったことも多々あるのですが、個人的には
テンションが上がることのほうが多くてw うはっ、雨だw 楽しいーw ばしゃーんw みたいな。
そして雨音により他の音が聞こえなくなって普段よりぐっすり眠れたり。。。
何も考えなくていいよっていう安らぎの音に思えたこともありましたねw ←悲しいから入った場合のゴール?

・・・って感情的にはなっていますが、テーマがおそろしいくらい逆ですね、すみません orz
  1. URL |
  2. 2008/12/18(木) 09:11:17 |
  3. たろう #-
  4. [ 編集]

人間味の無い意見で、すみません (笑)

>>R(略)P
私的な見解ですが本能的なものから来る感情ではないでしょうか。
野生の恒温動物は基本、雨や雪が降っている間は活動的ではなくなります。理由はおそらくR(略)Pがおっしゃられたように体温が奪われるからではないでしょうか。体温を奪われる事は喩え夏であっても好ましい事ではありません。かく言う私も真夏の雨に打たれ続けて風邪を引いたことが何度かありますから、雨にさらされる事が野生動物にとってどれ程危険な事か…解りますよね。

そして雨が降っている間、外に出ないという事はその間、エネルギーを節約する必要があると思われます。エネルギーを多く消費する部位、つまり筋肉(内臓の筋肉を含む)と脳ですが、この2つの活動を抑制すると自然に肉体的にも精神的に不活発にならざるを得ないのではないかと考えています。
雨の日に精神的に活動的になれば生存に適さず淘汰されてしまう。雨が上向きの感情を誘発してくれないのは、上のような過程で生き残ってきた人類の進化の結果なのかもしれません。(全て推論で仮説です)

たろうPが雨音に安らぎを覚えたのも、雨の日に適応して「大人しくしてなさい」ってことなのかも。テンション上がるのは良く解らないですが、まあ、こういう人もいるということでw。私ですか?私は嵐の日にテンション上がります。家の近くに雷が落ちたりするともうウキウキしちゃいますねー。

雨を明るい方向の演出に使った代表例といえば、何と言ってもミュージカル映画、『雨に唄えば』で土砂降りの雨の中で歌って踊るシーンでしょう。『メランコリックになりそうな雨?そんなものでこの時、この喜びは1℃たりとも下がりはしないさ!!』といった感じでした。いいですねぇ。この映画はシナリオも何もかも、全部ひっくるめて大好きな映画です。

そんな私はタカシPの新作『チッフィーちゃん』でのコメント=「獰猛な猛獣と会ったら眼を離さずそのまま後ずさりして逃げると良い」がお気に入り。この、おせっかいからとも悪意からとも云い難い微妙な方向性のコメントが不思議と好きだったりします。別にハルフィーの事を猛獣だと云っている訳ではない所がポイントですね。
視聴のついでに悪の職人さんにはお引取り願いました。タカシPの作品そのものに毒が含まれているのは好きですが、あの落書きは流石に見過ごせませんでした。明らかにKY過ぎます。

PS:たまには『目醒める瞬間(とき)』でも観返しますか。
以前より観るのが辛くなったので、長らく止めていたんですがね。

PS2:やっぱり泣きました(泣
  1. URL |
  2. 2008/12/18(木) 20:23:05 |
  3. Tom #eOwU5P3o
  4. [ 編集]

>>たろうさん
なるほど、流れる涙とはまたロマンチックですねー。
確かに雨ってなんだか人間チックですよね。

自分は雨の日は億劫になっちゃうタイプなので(憂鬱ではないというのがなんとも)、
たろうPのその捉え方は羨ましいですねー。自分ももっとアクティブにならねば。
”しとしと”なんて表現があるように、雨音というのはなんとも優しい音ですよね。台風とかはまた別ですがw

>>Tomさん
ふむ、生物の本能と言われると確かに説明が出来ないのも納得のような。
一連の推論、的を得ていてなかなか興味深いですね。こういう事は研究してそうな人が居そうなものなんですが…。
ちなみに自分は雷が鳴るとデータが飛ぶんじゃないかとビクビクしちゃいますw

『雨に唄えば』は確か学生時代に授業で観た筈なんですが、あの印象的なメロディラインしか思い出せない…;
でもあのメロディはなんともウキウキしてくる良いメロディですよねぇ。

『チッフィーちゃん』はとても優しくて良い作品でしたねぇ。
ああいう作品は自然と笑顔をくれるだけでなく、何かをしたくなるような感じです。
本もそうですが、どれだけデジタル化が進んだとしても、やはり紙というものは少し特別ですよね。
  1. URL |
  2. 2008/12/19(金) 01:24:18 |
  3. R(略) #heOZGi.o
  4. [ 編集]

>>R(略)P
……なんだか、たろうPへの貴方のレスが私への当てつけみたいに読めてしまった自分自身に苦笑w。そんなハズがないのはわかっていますけどね。しかし色んな意見があってこそこういうのも面白みが出ますよね。それにしても、こうして読み返してみると確かにロマンの欠片も無いですねーw。まあ、反応が見てみたかったのでワザとそうした部分もあったのですが。

そこでちょっと実験というか一つの試みをしてみたいと思います。
雨音で安心する理由らしきものをもう一つ思い立ったので下に記してみます。
ただし、2通りの文面で。

①雨の音ですが、それと赤ちゃんがお母さんのお腹にいる時に聞いている心臓のリズムとが良く似ていると聞いたことがあります。だから雨の音で優しい気持ちになれるのかもしれないですね~。

②雨音ですが、それと胎児が母体の胎内にいる間に知覚している心臓の鼓動音とが酷似していると聞いた覚えがあります。雨音に安らぎを覚えるのもそれが一因なのかも知れませんね。

内容は同じなんですが、単語を変えただけでえらく印象が変わりますね。

PS:『雨に唄えば』は無声映画全盛期だったハリウッド映画界にトーキー、つまり音声技術が入ってきた際の混乱を、面白おかしく娯楽映画に仕立てたものです。おもしろいことにトーキーが始まると同時に”声優”という職業が生まれたという、昔の作品ながらアニメ好きにウケそうな内容が含まれています。
ダンスあり、恋あり、友情ありの、まさに『 ♪ 一致団結~! 』な映画ですよ。
  1. URL |
  2. 2008/12/19(金) 20:02:21 |
  3. Tom #eOwU5P3o
  4. [ 編集]

>>Tomさん
いやいや、流石に勘繰り過ぎですよ!w

うーむ、見事にコメントと論文というか。やはり言葉を選ぶというのは大事な事なんですねぇ。
ちゃんと書き分けられるというのは、それだけしっかりと意識して言葉を使っている証拠ですね。

『雨に唄えば』は確かミュージカルのような映画だった覚えが。なるほど、そういった物語なんですねぇ。
向こうでは役者さんが声優を兼ねる事が大半のようですね。となると声優という職業は結構珍しいのかな…。
  1. URL |
  2. 2008/12/20(土) 00:50:18 |
  3. R(略) #heOZGi.o
  4. [ 編集]

>>R(略)P
ですよねー!でも、仮に狙ってこういう風にR(略)Pが書いたのなら、それはそれで「R(略)P…やるな(ニヤリ)」って感じになるんですが。一見そうとは判らない皮肉とかユーモアのセンス(イギリスジョークなど)には正直憧れます。

声優という職業は日本独自のものですよね。もともと仕事のもらえない俳優さんが、副収入として声優業をしていたので、今でも声優さんのギャラは少ないらしいです。現在は特殊な技術として一般にも認知はされてはいるのですが、業界内での地位はまだまだ低いと思います。かつて隆盛を極めたアイドルが衰退し、その代わりとしてアイドル声優が出現したのも、この声優さんたちの地位の低さが大きな要因だったのかもしれません。何が云いたいのかというと、その気は無かったのに低収入につけいれられた人も沢山いたのではないかと…。事実、歌が売れた声優さんとそうでない人には厳然たる格差が…。
昨今は写真付きで声優さんたちをプロデュースするのが当たり前になっていますが、個人的には手放しで歓迎できません。TV番組などで『あのキャラの声優の素顔』なんていうものもありましたが、本来”声”のお仕事、それも裏方なのですから、取材拒否の意志を示した方にしつこく出演を依頼する番組スタッフには正直腹が立ちました。それに俳優ではないのに容姿の為に日の目を見なかった才能はかなりあると思いますよ。まあ、声優個人の売り出しも悪い事ばかりではないのですが……。そう考えると千早が当初アイドルではなく、歌手にこだわった気持ちも少しは解かるような気がします。
アイマスは中の人のネタなどを入れる事で楽しみ方の幅を広げてくれた面もありますが、一つだけ赦せない事があります。一部の人に不快な思いをさせるかもしれませんが、敢えて書かせてもらいます。伊織の公式コミュで『灼眼のシャナ』のキャラの台詞をそのまま言わせた事がそうです。正直これだけはやってほしくなかった。只でさえ中の人がツンデレツンデレと云われていて、伊織も乱暴に分類してしまえばツンデレキャラと云われているのですから、公式コミュは伊織ならではの部分を強く押し出すべきであると私は考えていました。なのに他ならぬ765が「伊織のキャラは他から引っ張ってきた」みたいな事をしてしまったのは、ネタの面白さとは別問題でやってはいけない事だったと思うんです。これがラジオなどアイマス本編から外れた場所でのネタならば私も目くじらを立てることは無かったと思うんですが………。

我ながら細かい部分にウルサイとは思うんですが、この点においては「まあ、どうでも、いいですけれど。」とは言いたくないです。
  1. URL |
  2. 2008/12/20(土) 18:03:13 |
  3. Tom #eOwU5P3o
  4. [ 編集]

>>Tomさん
自分は小さい頃から声優さんのラジオなんかも聴いてましたので身近には感じていたのですが、
その裏では皆さん苦労をなされているんでしょうか…。
確かに取材拒否をされた方を無理やり、というのは褒められたものではありませんよね。
でもそういったのが無ければそういった番組はわりと好きかも。というのも、その場で即興で役のセリフを言ったりするコーナーとかが好きだからなんですが…。

伊織のコミュに関しては、自分は特に気にはしてないですねぇ。
作品内で他作品をパロディ、というのはそこかしこで行われていることですし、中の人ネタ、というのも各所にあるわけですし。
要は観る側の意識のようにも思うのですが…。
  1. URL |
  2. 2008/12/21(日) 00:57:54 |
  3. R(略) #heOZGi.o
  4. [ 編集]

>>R(略)P
役の台詞コーナーは私も好きですよ。ただ、一人ひとりに番組製作側がちゃんと敬意を払って欲しいですね。

観る側の意識、それだ!
以前のコメントのやり取りでもありましたが、作品が成功する”土壌”ってのがまさにこの点だと思います。箱マスが作られる前から、このポイントが気に入らないような人(私や例の友人のような人)が多数派ならばこの伊織コミュのネタは組み込まれなかったかもしれません。
事実、アイマスファンの中で、このコミュを不快に思う人は殆どいないと思います。
改めてみると、製作者側もその辺、つまり多数派少数派のギャップは織り込み済みなのですね。
これは観る側の意識が未来の作品に影響をおよぼしたいい例だと思います。
<OVER>
  1. URL |
  2. 2008/12/21(日) 14:17:54 |
  3. Tom #eOwU5P3o
  4. [ 編集]

>>Tomさん
いやー、自分はそこまでしっかりと考えたワケではなくて;
単純に観る側が意識すれば「そういった台詞」になりますし、意識しなければ普通の台詞の一つになるのかなぁと。
スイッチをON・OFFするだけでなく、気付かないって場合もありますし。
そういった意味で、『観る側の意識』と書いたんですよ。分かりにくくてスミマセン…。
  1. URL |
  2. 2008/12/21(日) 23:54:30 |
  3. R(略) #heOZGi.o
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryakushiki.blog64.fc2.com/tb.php/109-2e39243e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

R(略)P

Author:R(略)P
ニコ動にひっそりと
アイマスMADをアップしてたり。

※画像は歪氏の捏造グラをお借りしています。

Mail:r_ryaku略hotmail.co.jp (略を@に)

【zoome】:略式別件





【気まぐれに更新してます】
コミックダッシュ! R-ryaku の所有コミック

最新記事

最新コメント

カテゴリ

雑記 (280)
小話 (6)
制作関連 (128)
ニコマス関連 (75)
アイマス関連 (28)

月別アーカイブ

リンク

順不同・敬称略です。

検索フォーム

カウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。