スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

動画、出来ました。



今回、気持ちばかりが先に行ってしまい、ひどく不器用なものになってしまいました。

とりあえず昨日から起きっぱなしになってしまいましたので、少し眠ります。


目が覚めてしまったので、少し追記というか。


今回の動画は今までと少し違って、いわゆる「曲と彼女達」という発想ではないところから作りました。
ゆえに上記でも書いた通り、気持ちばかりが先に行ってしまいまして…。

投稿コメにもリンクを貼った、時雨Pの動画「アイドルマスター 『Free Angels』」


初めてこの動画を観た時は、衝撃を受けたというより、何かを植えつけられたような感覚でした。
出来れば考えたくない、でも、ありうるかもしれない未来。

自分は如月千早という一人のアイドルの歌に惚れています。
だから、自分がこれまで作った以下の千早動画について、”歌”という部分をテーマとしていました。



ただ、こういった動画を作れば作るほど、小さな不安が喉に引っ掛かるんですよ。
自分の中の千早は、歌に依存し過ぎている、と。
少し千早コミュのネタバレを混ぜてしまいますが、彼女はアイドル活動を続けていく中で、
歌に対しての考え方・接し方が変わります。より自由に、より明るい方向へと。
でも、そこには必ず”歌”がある。歌があって、初めてその先を考えてしまうのです。

だから、もしその”歌”が無くなってしまったら。

彼女がどういう気持ちになり、どういった事をするのか。
そうしたら、なんかもう、暗い・醜い事しか思い浮かばなかったんですよ。
しっかりとした足場だと思っていたのに、実は綱渡りの綱だったという。

そんな不安でしかたない弱い心が生んだのが、今回の動画です。
情けない話ですが、千早自身に「大丈夫」と言ってもらわないと安心出来ませんでした。

千早、ごめん。そして、ありがとう。
  1. 2008/12/28(日) 20:28:43|
  2. 制作関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:24
<<休肝日というものを考える。 | ホーム | PCのケアもPのお仕事?>>

コメント

見てきました。

うん・・・ 確かに一途な歌に対する思い、強さと弱さがありますね。
自分も見えなくなりますし、誰かにあたってしまうかもしれません。

> 千早自身に「大丈夫」と言ってもらわないと安心出来ませんでした。

最終的には本人が決めなくてはなりません。
千早としてはこの動画の答えが一番近くにある気がします。

> Free Angels

も見てきました。初見でしたが、深いな・・・と。
が、こちらは最初から最後までを通してみて、
それほど絶望的なイメージはなかったと個人的には思います。
それで、マイリスのコメントをみて、あぁそうか。みたいな。
たとえどんなことがあろうとも、飛べそうな気がしました。

どちらにせよ、千早は未来に進んでいるわけで、「大丈夫」ってことでよいと思います。
なるほど、千早のテーマをうまく捉えた、ある種のストレート動画だと思います、GJ!!

個人的にここまで心を引き剥がされた動画は久しぶりですね。
見終わった後、なかなか戻ってこれず、コメもできてません・・・。
こういう表現、なかなか出会えないと思います。(もちろんどれもオンリーワンなのですがw)
R(略)P、千早、ありがとう。

--
技術面では、暗めの演出うまいなーと。
私は暗い曲は好きなのですが、それを表現するのはヘタクソなので、
正直、ドアの前に立ってうつむいてる千早の絵とか、ゾクってきましたよ・・・。
こういう点でもかなり新境地な感じがしますがどうでしょう?

長くなりました・・・くっ・・・すみませ(ry
  1. URL |
  2. 2008/12/29(月) 05:32:28 |
  3. たろう #-
  4. [ 編集]

>>R(略)P
拝見させてもらいました。
コメントを見る限り私がかつて感じた「良いPに出会えなかった千早は笑えるようになれるのか?」という問いに近いものがあります。こういう疑問は小さなことであっても、心の底に滓(オリ)のように沈んでしまう物なので、その部分ではR(略)Pの気持ちは理解できます。

しかしながら、私はそんなに強い人間ではないので今回のR(略)Pの動画に「GJ」と言う事は出来ません。これはwhoPの『目醒める瞬間(とき)』でもそうだったのですが、いくら良くできていて感動しても、大きな影響を受けたとしても、気持ちとしては受け入れ切れない。そういう感覚から来ています。
R(略)Pが10月の記事で話された『悲劇的な内容の動画を作るか、否か』の物語の一つはこれだったんですね、そりゃ悩みもします。

そしてそれらについては一人ひとりが悩みながら自らの答えを得ていくしかないんでしょうね。
今回の貴方の動画は確かに一つの回答であるのだと思いました。
何はともあれこれで一区切り。お疲れ様でした。

技術的、表層的なことに関しては後ほどコメントさせて頂きます。


PS:たろうPの書き込みより短い・・・くっww
  1. URL |
  2. 2008/12/29(月) 10:31:21 |
  3. Tom #eOwU5P3o
  4. [ 編集]

>>たろうさん
感想ありがとうございます。
ここまで真剣に考えてくださっただけでも、本当に嬉しいかぎりです。
千早は自分が思っていたよりもずっと弱くて、そして強い少女でした。
その事を確認する為に彼女の大事な部分を奪ってしまうなんて、自分はダメなPですよね本当に…。

時雨Pの『Free Angels』は、あの千早の表情が全てだと思うのですよ。
今回どれだけ頑張っても、あの表情には勝てませんでした。

>>Tomさん
感想ありがとうございます。
まさにご指摘の通りで、悲劇的な内容の動画の一つでありました。ただ、完璧な悲劇というわけではありませんが…。
受け入れられない気持ち、それで正しいと思います。
自分も、この動画を作っている時は千早好きの方にブン殴られても仕方ないくらいの気持ちで作っていましたから…。

自分の中での一区切りは、どちらかという前作『One day』で、今回はどちらかというと新しい一歩、という感じかもしれません。
彼女たちのいろんな表情が観たいと思ったら、やっぱりというか、こういった表情も見えてきてしまったので…。

  1. URL |
  2. 2008/12/29(月) 23:51:39 |
  3. R(略) #heOZGi.o
  4. [ 編集]

情緒のない雑感

>>R(略)P
えーと、ちょっと厳しめになるんですが・・・よろしいので?
  1. URL |
  2. 2008/12/30(火) 22:02:55 |
  3. Tom #eOwU5P3o
  4. [ 編集]

>>Tomさん
元より記事で書いた通り不器用な作品だと自覚しておりますので、厳しい意見もあるだろうなという事は予測していました。
ただ、何か質問されたりすると答えられない可能性が結構ありそうです…。
  1. URL |
  2. 2008/12/31(水) 00:43:02 |
  3. R(略) #heOZGi.o
  4. [ 編集]

>>R(略)P
質問したい事柄は沢山ありますが、恐らく今のR(略)Pには答えられないものばかりなので。質問はなしです。

では始めます。
観終わって思ったのは『不器用な作品だなぁ』『慣れない事にチャレンジしてるから余計にそう見えるのかも』ですね。いろいろ、不自然な印象を受けた点があるので、取り敢えずピックアップしてみます。R(略)Pもそれは承知で作らざるをえなかったんだろうと思いますが、それはそれ。これはこれで。

・まず、演出にノベル風のものとPV風のものが混じっているために動画全体がバラけた印象をうけました。個人的にはどちらかというとノベルでやったほうがいいように思えました。
・歌を突然遮断する演出が2度出てきますが、これはMADでは1度だけにしておいたほうが良いのではないかと思います。映画でもやり過ぎるとちょっと・・・
・スタジオでの千早はもっと暗くして欲しかったです。少々浮いてしまっていたのでいっそ全身でなく足だけでもOKかと。でもよく自作しましたね、大変だったでしょう。
・Pに向かって号泣するシーンは直前のコマ送りと動かないシーンで落差が激しいので、上手く「誤魔化し」できればよかったかも。嘘の世界には説得力と相手の想像力を利用する事ですよ。
・流れる涙も同様。動かない千早に涙だけをアニメーションさせるとつらいものがあるので、象徴的な演出に置き換えるか、ドアップにしてカメラで涙を追いかければ誤魔化せるはず。

今回上のポイントから解る傾向は抽象的な演出があまり無かった、という事だと思います。
MADに於いては相手に想像させる魅せ方が良い演出だと思うんですが、今回そうならなかったのは、恐らくR(略)Pが自分のために初めて作った動画で、余裕が無かったからなのではないかと・・・
というのも今までのMADにはR(略)P自身が不在だったんですよね。R(略)PどころかR(略)PのPすら登場しませんでした。つまり彼女達を『主観で観る』人物の不在です。この点はR(略)Pがご自身で言われていた事ですが、今回の動画で初登場しましたね。おめでとう、と言って良いのかどうかは判りませんが、とにかく今までとは違う領域に踏み込んだようなので引き続き見守りたいと思います。

喩え、たろうPみたいにストーカー紛いの行為に走るようになっても、時雨Pのような変態セクハラプロデューサーになろうとも、whoPみたいに一億年と二千年前からアイマスしてると主張するようになっても、
私は、いつでも君の作品を待っているぞ~~~~~

  1. URL |
  2. 2008/12/31(水) 01:15:58 |
  3. Tom #eOwU5P3o
  4. [ 編集]

ちょっとリアルな話を少し出すので、非公開で・・・

何か最近の話でやたらこの動画に引っかかるものがあったのですが・・・
その正体は”あゆ”でした。難聴のこととか最近の右手負傷のこととか。

この事例と重ねると、”千早”というカテゴリでなくても
アイドルや歌手なら誰にでもぶつかる可能性があって、
あまり”遠い”ものではないんだな・・・と感じました。
ちょっと現実味があって怖いですが、10月のゆりしーの事故とか・・・
ゆりしーもゆきぽも歌えなくなる可能性大でしたよ・・・ うわぁ・・・ orz

そして何らかの答えを出したり、その答えを実行するにあたり絶対不可欠なのは、
家族やスタッフの直接的な手助けとファンの声援ですね!!
関わっている全ての人と二人三脚する勢いでやらないとですねっ!!

・・・と、ちょっと動画のテーマとは離れたところで、色々といらん心配や妄想をしてみました。
なるほど、このテーマ、誰しも一度はシュミレートしたほうがいいことなのかもしれませんね。
アイマスは人生、この動画も人生、、、これ間違いないと思います。いやマジで。
(元ネタはクラナドは人生でしょうけどw)


反れ気味な話かつ非公開コメ、すみません orz
  1. URL |
  2. 2008/12/31(水) 02:38:36 |
  3. たろう #-
  4. [ 編集]

↑ ヤヴァイw 非公開のつもりで書いて非公開になってないwww

・・・大晦日最大の失態、すみません・・・穴掘って来年迎ますぅ・・・ orz
  1. URL |
  2. 2008/12/31(水) 02:47:13 |
  3. たろう #-
  4. [ 編集]

>たろうP
非公開だと何書かれてても解らなくて不安になっちゃうから、余程の事で無い限り、自分からは非公開にしない私が来ましたよ。

なるほど、歌手のトラブルは確かに良く聞きますね。槇原さんとかも確か一時期ご病気だったとか。千早に限らずこの手の事は全てのクリエイターに関わってくるものかも知れませんね。今回のR(略)Pの千早動画雑感では敢えてR(略)Pには突っ込まなかったんですが、私はあの後が不安ですね。要はその後の千早が売り物になるかどうかという点についてですが、これは今のR(略)Pには多分まだ答えられないでしょうね...

あと最後の人生云々についてちょっといい言葉を思い出したので挙げてみます(何処で目にしたかは情けないことに憶えていませんが)
「ネットの関係なんて……と、思っていたけど、画面の向こう側にも生きた人間がいるんだよなぁ」
  1. URL |
  2. 2008/12/31(水) 18:41:35 |
  3. Tom #eOwU5P3o
  4. [ 編集]

>>たろうさん
まぁ非公開についてはあれです、ドンマイっ。

そうですね、千早に限らずアイドル達も、現実の歌手達もそういったあまり考えたくない可能性はどこかにあって。
本人がその事に向き合えるかどうかという所には、やっぱりいろんな人の支えもあって。
ただやっぱり、最後は自分で立たなくちゃいけないんですよね、多分。
骨が折れてしまったのなら、その骨の代わりになるのではなくて、立ち上がろうとする意思を助ける松葉杖のような位置というか。

”あゆ”に関しては、紅白で怪我をしている素振りすら見せなかった姿に、久々に「プロって凄いなぁ」と感動してしまいましたよ。

>>Tomさん
いやはや、指摘箇所についてはまったくもってその通りでありまして、申し開きも無いというか。
ただ、PVとノベルの融合的なものに関してはやってみたいというところではありますので、多分今後も分けずにやっていくかなと思います。

アイマスという世界においての自分の位置というのはまだまだ不確定の状態でして、立ち位置すら怪しいです。
今後も出てくる事の方が珍しくなるんじゃないかなぁとは思うのですが…。

ちなみにこの動画のその後については考えていないというのが正直なところです。
多分考えると都合の良い未来しか考えない気がするので。まぁ幸せにはしたいんですけどね…。
  1. URL |
  2. 2009/01/01(木) 23:06:39 |
  3. R(略) #heOZGi.o
  4. [ 編集]

注意:ここでの千早は私の中の千早です

>R(略)P
そういうことですね。ちなみに私の中の千早はその後、『歌』とは何か もう一度考え直して声以外の別の『歌』を見出します。

「技術だけの歌は歌ですらないのかもしれません。」でしたっけ?
ならば「歌」とは?私は心を込めた「音」のことではないかと考えています。

今回の動画の未来を考える時に私の救いになったのは『Music』です。
「喜びも悲しみも受け止めて 形のないこの時を 忘れないように刻んでいく」
『Song』ではなく『Music』。心を込めた音楽であれば、その形が歌だろうと楽器だろうと作曲だろうと、それらを翼にして千早は羽ばたけると信じています。

この点に関しては都合が良い願望がどうとかではなく、かつて、どん底から自力で這い上がった千早なら恐らくそうなるだろうと、私はそう予測しているわけです。


PS:PVとノベルの融合という発想は自分的にかなり意外で面白いですね。
本来水と油だと思うのですが、その固定観念を吹き払うようなものがひょっとしたら生まれるのかもしれないと思うと、何だかワクワクしてきました。
  1. URL |
  2. 2009/01/01(木) 23:48:43 |
  3. Tom #eOwU5P3o
  4. [ 編集]

→? http://www.nicovideo.jp/watch/sm5251858
  1. URL |
  2. 2009/01/02(金) 20:01:47 |
  3. Tom #eOwU5P3o
  4. [ 編集]

>>Tomさん
なるほど…、Tomさんは既にある程度答えを持っているのですね。
自分はまだそこまでは至れてはいませんが、Tomさんのように自分の動画を観てくださった方々が、
彼女たちのいろいろな事を考えてくれたら、P冥利に尽きるってものです。

PVとノベルの融合、というとなんとも大きな話になってしまいそうなんですが、
あれですね、自分は映画やゲームとかのクライマックスシーンで主題歌とか流れる演出が好きなんですよ。(この話は以前した記憶も…;)
もしかしたらその延長線上にPVとノベルという感覚があるのかもしれません。

アドレスの貼られた動画もそういった形の一つという感じでしょうか。イイですねー。
原作の視点からは見る事の出来ない、第三者的な視点。こういったお話は発想を膨らませてくれるので好きですねー。
  1. URL |
  2. 2009/01/03(土) 00:23:10 |
  3. R(略) #heOZGi.o
  4. [ 編集]

>>R(略)P
音楽との融合はディズニーの『美女と野獣』が凄かったです。自分的にミュージカルとして最高の合わせだと思っています。ハワード・アッシュマンという人がその辺を手がけていたのですが、『美女と野獣』完成直前に亡くなられてしまいました。残念な事です。

↑のコメントでアドレスのみの貼り付けは失礼かと思いましたが、なるべく先入観をなくした状態で見て欲しかったのでこのような紹介の仕方をしました。多分R(略)Pの目指しているものはもっと別の方向なのでしょうが、恐らく参考にはなると思い紹介させていただきました。

後感想
恥ずかしながら『Somewhere in the sky』の3:30付近。千早が笑顔で「プロデューサがねっ!」って繰り返すところで涙で画面が滲んでしまいました。千早の動画ではR(略)Pの動画以来ですよぅ、こういう風になったのは。ニコマスP達はどれだけ私の涙腺を刺激すれば許してくれるのでしょう?w
『外からの視点』アイマスMADはこの作品とエコノミーPの真動画『初恋』しか知らないくらいの激レアテーマです。(whoPのL4U ファン代表Pは除外、アレは本人です)
R(略)Pも他にご存知なら紹介いただけますよう願います。
  1. URL |
  2. 2009/01/03(土) 18:46:02 |
  3. Tom #eOwU5P3o
  4. [ 編集]

>>Tomさん
『美女と野獣』は残念ながら未見なんですよねぇ…。というかディズニー系はなかなか観る機会が…;
小さい頃は少し妙な偏見(というかあの絵が慣れなかったというか;)を持っていた気もしますが、今なら素直に観れる気がしますね。

ご紹介された動画は自分としてはやはり海岸でのシーンで曲の歌詞とシンクロする辺りがじーんと来ましたね。
まさにこういった事が自分のやりたい事の一つでして。

自分はおそらくTomさんほど多くの動画を観ていないので、なかなか紹介出来るような引き出しが無く;
それ以前に自分は作品を観た後にマイリスト登録を忘れる事が多々あるので、マイリストが思ったより少ないという…。
  1. URL |
  2. 2009/01/04(日) 00:16:52 |
  3. R(略) #heOZGi.o
  4. [ 編集]

>>R(略)P
『美女と野獣』はMAD作る参考になるかもしれません。
ミュージカルってダンスシンクロと歌詞シンクロの嵐ですからね。
途中のワルツのカメラとか面白いですよ。CGにこなれてない頃の作品ですから手作り感たっぷりです。
以前話した"悪役と主人公の対立"が上手く使われているのでお話も解りやすくて好きですし、何よりオリジナル作品って感じがします。童話と同じなのはタイトルくらいで他のディズニー作品に見られるような"借り物感"がないところはホント評価しています。
動きは…まあ解らなくもないですが、今なら音楽教師が授業でワザワザ生徒に見せたのも当然かもと思うようになりました。劇伴としてあれは凄い出来だった。

マイリストはプレミアになった今でも相変わらず100未満・・・増やすかどうか、ちょっと悩んでいます。
<OVER>
  1. URL |
  2. 2009/01/04(日) 18:17:31 |
  3. Tom #eOwU5P3o
  4. [ 編集]

>>Tomさん
実際のミュージカルは何度か観た事があるのですが、確かあれは動画作りの視点で見ても面白いものですね。
まぁ実際に舞台とかで観ていると雰囲気圧倒されちゃってそこまで頭が回らないんですが;
ディズニーと授業というと、自分は音楽の授業でアラジンの『A WHOLE NEW WORLD』をやったりしましたねぇ。
あれは綺麗なメロディの曲でした。
  1. URL |
  2. 2009/01/05(月) 00:52:40 |
  3. R(略) #heOZGi.o
  4. [ 編集]

<追記>
アラジンの作曲者さんはアラン・メンケンさんで、美女と野獣、リトルマーメイドの2作品でハワード・アッシュマンさんとコンビを組んでいました。
余談ですが、ネット上のシネマレヴューサイトを覗いてみたところ、美女と野獣についてはディズニーが苦手だったり嫌いだったりする人から特に評価されているようです。かく云う私もそうなのですが。
ただ、ラストのオチの付け方について、面白かったという人たちの中からも否定的な意見を示す人がちらほら……。演出的にも伏線的にもテーマ的にもあの結末でなければならない、と私は思うのですが…?
R(略)Pが仮に美女と野獣を観たとして、その点についてどう思うか訊いてみたい気がします。
ちなみに90分ですw
  1. URL |
  2. 2009/01/05(月) 20:13:59 |
  3. TomF(職業:道具係) #eOwU5P3o
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2009/01/06(火) 00:16:15 |
  3. #
  4. [ 編集]

>>Tomさん
なるほど、まさしく自分のような人間こそ観るべき作品なんですねぇ。
みんなが楽しめる映画も勿論良いですが、賛否両論巻き起こるような映画も良いと思いますよ。
それだけその作品に対して思いが強いという事だと思いますから。まぁ、根拠の無い否定はダメですけどね…;
機会があれば観てみようかと思いますー。

>>非公開コメさん
自分も始め、似たような事を感じました。
彼女にとって”歌”というものはとても強い芯ですが、
芯が強いということは、それだけ強くなければ支えきれないようなものがその上に乗っているんじゃないか、と。
だからどこか脆さのようなものを感じてしまうのかもしれません。

如月千早にとっての歌。
失って。塞ぎこんで。ぼろぼろになって。
それでも、最後に彼女は歌ってくれました。それが、とても嬉しいんですよ。酷い話かもしれませんが。

素敵な感想、ありがとうございました。
  1. URL |
  2. 2009/01/06(火) 01:42:45 |
  3. R(略) #heOZGi.o
  4. [ 編集]

>>R(略)P
おっと、書き忘れていました。
日本語版と原語版の音声ありますが、日本語ではなく原語のほうをオススメします。
というのも、歌唱力が素人の耳にも判るくらいに違いますし、歌詞を日本語にしちゃうとキモになるフレーズが表現できないんですよね。と、言う訳で日本語吹き替えは見るにしてもあくまでオマケとして初見では避けるようにしてください。
それと、多分R(略)Pなら大丈夫だとは思いますが、”インターネットでの視聴”は絶対にやめてください。こんな小さな画面では勿体無いですし、何より亡くなったハワード・アッシュマンさんの為にもメディアを借りて来て見てください。
因みに90分です(しつこいってのw)
  1. URL |
  2. 2009/01/09(金) 19:55:44 |
  3. TomF(照明係) #eOwU5P3o
  4. [ 編集]

>>Tomさん
自分はもとより吹き替えより字幕派なんでその辺は大丈夫ですよー。
英語は清々しいほどさっぱりですが、なんか英語の方が非現実的な感じがして好きなんですよねぇ。

まぁ観るとすれば借りるかテレビ放映かと思うのですが、
問題はウチには貰い物の地デジ非対応の小型テレビとこのPC(19型)くらいしか無い事ですね。
お、大きければ良いというものでもなくてですね(どこかを見ながら)。
  1. URL |
  2. 2009/01/09(金) 23:49:29 |
  3. R(略) #heOZGi.o
  4. [ 編集]

美女と野獣DVD

アイマス新年会で関連する動画があったので、我慢できずにレンタルしちゃいました。(←ネタバレじゃないですよ)
水曜の晩に借りてから、英語版で観て。オーディオコメンタリー入りで観て。
次にニコニコで――なんと日本語版(画質悪)があった――コメントしながら観て。
最後にもう一回英語版で観ました。
えーっと合計6時間?(笑)

アイマスを見続けているせいか以前と違うところで感極まったりと、色々新鮮でしたよ。
やっぱり動画を観る時に表情から内面を推し量ることを意識するようになったからかもしれませんね。
  1. URL |
  2. 2009/02/01(日) 19:45:01 |
  3. TomF #eOwU5P3o
  4. [ 編集]

>>Tomさん
なんというヘビーローテ。
自分は同じ作品を連続して観るというのはあまり得意ではないので、なかなかそういった事は出来ませんで…;

良い作品というのは観る度に発見があるとも言いますし、色褪せる事は無いんでしょうねー。
  1. URL |
  2. 2009/02/02(月) 01:24:46 |
  3. R(略) #heOZGi.o
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryakushiki.blog64.fc2.com/tb.php/121-04583889
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

R(略)P

Author:R(略)P
ニコ動にひっそりと
アイマスMADをアップしてたり。

※画像は歪氏の捏造グラをお借りしています。

Mail:r_ryaku略hotmail.co.jp (略を@に)

【zoome】:略式別件





【気まぐれに更新してます】
コミックダッシュ! R-ryaku の所有コミック

最新記事

最新コメント

カテゴリ

雑記 (280)
小話 (6)
制作関連 (128)
ニコマス関連 (75)
アイマス関連 (28)

月別アーカイブ

リンク

順不同・敬称略です。

検索フォーム

カウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。