スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2008年下半期アイマス20選

参加してみました20選。詳細は卓球Pのブログのこちらの記事を。


(c)夜雀P

基本レギュレーション
・対象は2008年下半期(7月1日~12月31日)に公開されたニコマス作品
・自身のセレクトを20作品以内でブログ及びマイリストにて公開
・1Pにつき1作品


興味を持たれた方は参加してみましょうー。

それにしても、選び始める前までは20って意外と多いんじゃ…と思ったりもしましたが、
そんな自分は隙だらけだったようですね。悩む悩む。
でも悩むという事は、それだけ心に残る作品が多かったという事ですよね。嬉しい悲鳴。

以下、格納にて。順不同です。
コメントの口調が偉そうですみません。癖っぽいです…。



1.アイドルマスター 彼女たちのsign. 亜美・真美 - メイP


下半期で一番鳥肌が立った作品。
時を止められる感覚が強く心に残っていて、
数回しか観れなかったのに彼女たちに付けてもらったsignは一向に色褪せる気配がありません。

2.アイドルマスター手描きMAD「シビれさせたのは 誰?」 - へぼピーナッP


楽しいという言葉でしか表現出来ない自分がもどかしい。
子供の頃にただ爽快感が心地良くて、滑り台に上っては滑っていたような、そんな楽しさ。

3.アイドルマスター Seasons of Love(RENT) - DikeP


歌う姿がとても印象に残っている作品。
1年、と書いてしまうと寂しくなってしまうかもしれないけれど、
愛で計れば”52万5600分”という、抱えきれないくらいの幸せな時間。

4.アイドルマスター 春香へ「Baby I Love You」 - OGOP


いつでも会えるのに、いつまでも逢えない。
それは本当に、叫びたくなるような感覚で。
この作品に関しての過去の記事。

5.アイドルマスター オールスター 『それじゃあバイバイ』 - エコノミーP


テンポ良く刻まれるダンスと、内面を切り出すような歌詞。
歌い踊る彼女達はとても開放的に感じられて、だからこそ一層魅力的に感じられて。
この作品に関しての過去の記事。

6.アイドルマスター 「CENTURY COLOR」 Engage! - しゃどP


『ラフ・メイカー』と悩んだけれど、よりストーリーが好きなこちらで。
Pの視点から見える事、見えない事。1年という期間の中には数え切れないほどの出来事があって。
だからこそ彼女達は最後に涙を浮かべつつも、最高の表情で歌うことが出来るのかなと。

7.アイドルマスターremembrance 第一話「アイドルとプロデューサー」 - hsc(whoP)


本当は一連のマイリストを貼りたいところだけれど、代表して第一話。
美希の一挙手一投足に目を奪われて、息を呑むような瞬間が続いて、観終わった後には何かを考えたくて。
見事にいろんな美希で頭がいっぱいになってしまう。

8.アイドルマスター 『樹海の糸』 春香ソロ - じゃんP


動画を観て何かを考えるのが好きなのに、この作品は考えたくない気持ちでいっぱいになる。
だというのに、この作品に惹かれてしまう。宵闇に佇む桜の樹のような美しさを感じてしまう。

9.【7月2日は】千早百面相【千早記念日だったかも!】 - 時雨P


一言で表すならば”白旗”。
日頃から「彼女たちのいろんな表情を見たい」と思っているけれど、
千早一人にしてもまだ見た事の無い表情がこんなにあるのかと思うと、悔しくて、嬉しい。

10.BBCドキュメント風 60's IDOLM@STERの軌跡 #01 - bbcP


自分は洋楽に疎い。この一連のシリーズに出てくる人物も一割くらいしか分からない。
それなのに何の問題も無く楽しめてしまう。魅入ってしまう。考えてしまう。
彼らのことをよく知っていればもっといろんな見方が出来るかと思うと、自分が恨めしい。

11.電気グルーヴ VOLCANIC ののワBEATS - うんこうP


中毒というものは、考えるという過程を挟まないんだなと再確認。
見掛ける度に再生してしまうというのはもはや何かの呪いなのではないかと思ってしまう。

12.アイドルマスター 「GAME」 - リンP


きっと誰もが無意識の内に持っている視点。でも意識してそこから見ようと思わない。
何故ならそれはいろんなものをひっくり返しちゃったり、無くしちゃったりしそうな視点だから。
失礼を承知で言えば、この動画を観る理由は”怖いもの見たさ”なんじゃないかと。

13.[手描き]アイドルマスター ため息の16ビット[PV風] - adobeP


軽快、という言葉がしっくり。観ているだけで楽しくなれる。
曲の歌詞も聴き解いていくとなんとも律子っぽくて、可愛い絵と合わせて投コメ通りニコニコ出来ます。

14.【手描きMAD】言いたいことも言えずに【アイドルマスター】 - タケミツP


勢いに身を任せるのが心地良い作品。
泥臭い歌詞と勢いのある絵がそのままテンションへと直結して楽しくなる。

15.アイドルマスター 千早 Going to the moon - かきP


千早の手に凄く惹かれた作品。
手を追いかけ続けるカメラが、千早の指に従うように上がっていく瞬間がなんとも爽快で。
”手も歌う”という事を再確認。

16.アイドルマスター Let Mom Sleep / ジェットセットラジオ - 慈風P


複数候補の中から、視覚的にも印象に残ったこちら。
慈風Pの作品はどれも観ていて楽しい。
その理由は多分彼女達が楽しそうだからで、さらに言えば作られている慈風P自身が楽しそうだから。
彼女達の生き生きとした表情は、そのまま観る人たちの笑顔になる。

17.アイドルマスター 真+4d@ncers Where to begin PV風 - わかむらP


わかむらPも複数候補にあったけれど、やはり一番印象に残ったこちら。
わかむらPの作品は観る度にいつも彼女達が”アイドル”であることを意識させてくれる。
彼女達を”一人の女の子”として捉えがちな自分にはそれが毎回新鮮で、
彼女たちの”アイドル”としての表情が見れるのがまた、嬉しい。

18.ロリトリオでふるふるフューチャー☆圧縮版 - そるP


”楽しんだモン勝ち”という事を全身で表現しているようで、どこかちょっとだけ羨ましいと思えてしまう。
絶対真似はすまいと思っているハズなのに。

19.アイドルマスター 美希 × ヤダ!! - たろうP


ひっそりと嫉妬した作品。
何故なら自分の動画作りの根幹にある「アイドルに合った曲、曲に合ったアイドル」をやられちゃったから。
美希のゆるさと可愛さが存分に詰まってます。

20.【絵本アニメ】でアイドルマスター【完成版】 - タカシP、かまおP


暖かくて、優しくて。
自分の前作を作った後に改めて観て、同じ”千早”と”歌”でこうまで違うものかと。
でもこういったお話を考えてくれるPが居ると思うだけで嬉しくなれる。

----------

以上、2008年下半期20選でした。悩み過ぎて頭が…。
  1. 2009/01/08(木) 03:45:23|
  2. ニコマス関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<本当にありがとうございます | ホーム | 頭を抱える今日この頃>>

コメント

7/2ってレギュにギリギリ入ってたのかーw

白旗とかいいのかな?^^
そんなこと言っても容赦なんてしませんよ?^^*

お互いまだまだ道の途中、がんばっていきましょう!
  1. URL |
  2. 2009/01/08(木) 04:17:50 |
  3. 時雨 #-
  4. [ 編集]

ご紹介ありがとうございます!
「アイドルに合った曲、曲に合ったアイドル」
まず最初に考えることであり、そして深いテーマなんですよねw
どれだけ見てるかを試されるというか・・・ まぁそれが楽しいのですけどwww
金髪毛虫派な私ですが、これからもよろしくお願いします♪
  1. URL |
  2. 2009/01/08(木) 10:29:25 |
  3. たろう #-
  4. [ 編集]

スポット オン!

>>R(略)P 
おお、過去記事へのリンクを貼り付けているとはなんと親切な20選。これは便利。

個人的にR(略)Pが目指すノベル形式とPV形式の融合(以下ノベルPV(仮))とは『remembrance』みたいな説得力をもたせたノベル形式を発展させたものなんじゃないかと想像しています。私的にあのシリーズですごかった所は"視線"の誘導です。立ち絵との距離や角度が変化するノベルはいくつかやったことがありますが、あそこまでその効果が発揮されたモノを私は知りません。
(例を挙げると第八話「記憶喪失」の中で[5:50]からのアップ。おなじく[9:20]からの流れでのアップ。あのシーンを初めてみた時、「目線だけであそこまでできるのか・・・」と感じると同時に私の中である変化が始まりました。最近その変化もようやく落ち着き始めたようですが。)
その意味でも、R(略)Pが捏造技術の才能を大いに発揮した先に生まれるものに期待していますよ。
しかしちょっと内容確認しに行っただけなのにまた全部見ちゃった私はダメなやっちゃw。

『【手描きMAD】言いたいことも言えずに』ってたろうPのやよペターズのメンバーと同じですね。たぶんその内デュオになるんだろうなー、とか思ってますが。今が大事なのです!……アレ?

私はピックアップ作品を一作だけ、と訊かれれば弟Pの『春香ED 「さよなら大好きな人」 花*花』ですかねー。2作目にして半年ほど前の最新作『千早 ココロの鍵』とともに私的名作入りされながらもそれほど知れれていない作品です。R(略)Pの『Music』もそうですが、何故彼女たちがステージに立っているかといった理由を盛り込んだり、タダのステージダンスに深い意味を持たせた作品は本当大好き。歌詞と合わせて彼女たちが必死に何かを伝えようとしている様には毎回涙を禁じえません。[4:00]からのたった3秒間の無言の微笑みも、私は忘れません。

ご苦労様でした。20作でも足りない辺りやはり活気のあるニコマスを感じられました。GJ!
  1. URL |
  2. 2009/01/08(木) 21:31:46 |
  3. TomF(照明係) #eOwU5P3o
  4. [ 編集]

>>時雨さん
このブログでは初めましてですよね。いらっしゃいませ!
いえいえ、この作品を観た当時はまさに白旗という表現がぴったりくるような気持ちでした。
(”当時は”と付けて一応強がってみましたが、改めて観直してみてもやっぱり自分はまだまだでした)
なので引き続きご容赦頂けるとありがたいのですが…。ダメですか、そうですか。

そうですね、自分もまだまだスタート地点。お互い頑張りましょう!まずは誕生祭に向けて…。

>>たろうさん
確かに考え込んでいくと深いテーマですよねぇ。
毎回動画をアップする度に、「自分の中の彼女達はこんな感じなんだけど…どう?」と聞いているような。
それでもたろうPのこの作品の美希は、可愛くてちょっとゆるくて、イイ美希でしたよっ。
こちらこそ、これからもよろしくお願い致しますー。

>>Tomさん
過去記事へのリンクは、その当時の率直な感想を書いているのでリンクしましたー。

期待をされてしまうとなんとも恐縮なのですが…; まだまだ自分は模索段階ですので。
ただ、視線というかカメラワークというか、そういったものは少し手を付けてみたいなぁと思ってもいたりします。
VideoStudioのパンは画質が荒くなるので涙目なのですが…。

ご紹介の作品も、暖かくて切なくて、良い作品ですねぇ。
どうも自分は歌詞とのシンクロにめっぽう弱いみたいですので、ほんのりと優しい気持ちになれました。
いやいや、まっことニコマスは奥が深うございます。
  1. URL |
  2. 2009/01/09(金) 00:29:16 |
  3. R(略) #heOZGi.o
  4. [ 編集]

>>R(略)P
模索してる段階のものも楽しみです。

PS:兄が巻き寿司のショウガがイマイチだってんで、梅肉を付けて食べてたんですが、真似してみてびっくりしました。会うものですねぇ……というか口全体に香りが行き渡って、具それぞれの特徴を包み込むような(ry
そんな感じでした。
  1. URL |
  2. 2009/01/09(金) 20:01:02 |
  3. TomF(照明係) #eOwU5P3o
  4. [ 編集]

>>Tomさん
模索段階と言っても、次作次々作でどうこうというものでもないので気長に待って貰えれば幸いです。

見ただけでも口の中がさっぱりしそうな組み合わせですねぇ。
生姜も梅も脇役で活躍する機会の方が多い食材ではありますが、そのものの味も良いものでして。
ああ、なんか新生姜とかカリカリ梅とか食べたくなってきました…。
  1. URL |
  2. 2009/01/10(土) 00:03:51 |
  3. R(略) #heOZGi.o
  4. [ 編集]

アイドルのオンステージとオフステージ。
どちらにも魅力があって、惹かれるポイントは違うはずなのに、
どういうわけかオンとオフ両方の魅力を兼ね備えた作品が
あったりしますね。その比率が5:5だったり、6:4だったり、
さじ加減によってまた違った魅力があって、
もうどこまでも奥が深いというか
ひとつの究極の答えは無いというか。
自分がニコマスに飽きやマンネリ化をまったく感じないのは
もしかしたらそういうことなのかな、なんてことを
R(略)Pの作品へのコメントを読んで思いました。
20選で悩むのも甲乙のつけようがないからなんでしょうね。

20選、選んだ作品へのコメよりも
選べなかった作品へのいいわけの方が長かったりしてw
自分はいいわけの方が10倍長くなりそうですw
  1. URL |
  2. 2009/01/15(木) 03:13:57 |
  3. cha73 #AHY.BPxA
  4. [ 編集]

>>cha73さん
コメントありがとうございます。そして20選マラソンを行われているとか…;

そうですね、10:0~0:10まで(むしろ小数点まで)、本当に幅広い沢山の作品があって。
そのどれであっても、間違いなく”アイマス”であり”ニコマス”であって。
きっとPの数だけそういった比率の違う作品があるのでしょうねぇ。
うーん、奥深い。そして楽しい!

だからこそ選ぶのが非常に難しかったわけで…;
  1. URL |
  2. 2009/01/15(木) 23:58:52 |
  3. R(略) #heOZGi.o
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryakushiki.blog64.fc2.com/tb.php/131-8877e8cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

R(略)P

Author:R(略)P
ニコ動にひっそりと
アイマスMADをアップしてたり。

※画像は歪氏の捏造グラをお借りしています。

Mail:r_ryaku略hotmail.co.jp (略を@に)

【zoome】:略式別件





【気まぐれに更新してます】
コミックダッシュ! R-ryaku の所有コミック

最新記事

最新コメント

カテゴリ

雑記 (280)
小話 (6)
制作関連 (128)
ニコマス関連 (75)
アイマス関連 (28)

月別アーカイブ

リンク

順不同・敬称略です。

検索フォーム

カウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。