スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

見せ方のお勉強?

今日はお酒が入っちゃってたせいか、動画作りにもイマイチ集中出来ず、
そのままふらふらとニコ動を観たりしていたのですがー。

たまたまこんな懐かしい映像を見てしまったせいで、



そのまま何故かギャルゲ系(?)アニメのOPをなんとなく観ていくという、よく分からない行動をしちゃったり。
軽く酔ってたし、仕方ないね。

でも一通り観ていて勉強になるなーと思ったのが、各ヒロイン達の映し方。
OPをざっくりと割った際に各々に与えられた時間内で、
その女の子が漠然とどんな感じのコなのかということを、ある程度しっかりと伝えてて。

自分は曲とアイドルを繋げて動画を作るという方向性ですので、
その内容は、どうしてもある程度知っている事が前提になりやすいんですよね。

なので、こういったアニメのOPのように前情報が無くてもなんとなく掴める、
という感覚も、どこかで忘れないようにしたいなぁと思う今日この頃です。
  1. 2009/03/13(金) 03:46:11|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<あれから一年かぁ… | ホーム | ラッパのマーク>>

コメント

>>R(略)P
これまた懐かしいものが出てきましたね。
TV版は1、2話くらいしか見ていないのですが、
PS版のOPのクウォリティーを高めたようなものだったとは記憶しています。
しかしなるほど。
云われてみればR(略)Pのおっしゃる通り、OPというものがキャラの紹介にもなっているのが解りますね。
そしてギャルゲー系のOPで一番私の印象に残っているのが、友人が見せてくれた
「センチメンタル・グラフティー」のOPだったりします。ただしサンライズのアニメのほうではなく、
「オリジナル」の方です。
あのOPをアイマスMADPVのような観方をすれば、永遠に「理解しがたい」かもしれません。

PS:
『HAPPY DANCE』についていい解説文を見つけたので、
その解説を理解するために他の解説を探してみたりしています。
まーだまだですよw
  1. URL |
  2. 2009/03/13(金) 20:59:14 |
  3. TomF #eOwU5P3o
  4. [ 編集]

>>Tomさん
To Heartは元々原作のファンで、当時はアニメどうかなーと思ったものですが、
その丁寧な出来に感動したものです。

こういった形で各キャラごとに見せるという方法は、
オーソドックスながら女の子たちの特徴を理解させる、という点では分かりやすくて良い方法だと思いますねぇ。
ちなみにびっくりしたのが、昨日観ていった中にばっちりセンチのOPもあったんですよねw
ただし自分が観たのはアニメ版の方ですが。 アニメ好きだったんですよー。
オリジナルの方は…あれですね、前衛的だったとでも申しておきましょうか…w
  1. URL |
  2. 2009/03/14(土) 04:17:15 |
  3. R(略) #heOZGi.o
  4. [ 編集]

>>R(略)P
おおー。
センチのアニメ版は原作を叩きまくっていた(実際はネタにしていた)友人が
かなり持ち上げていましたからね。
手描きの味を生かした綺麗なOPが印象的でした。
最初の花びらなんかも今ではCGで済ませちゃう事が多いんですが、
やはり手描きでしか出せない「味」は好いものだと再確認しましたね。

私が観たのは(正確にはその友人が見せてくれたのは)確か電車に乗って旅するやつでしたね。
原作の無理がありすぎる設定は無視して主人公までも出さないという、
やはり別の媒体に作品を持ってくるのなら大胆に新しいものを配し、大きく削ったりする部分が必要なんでしょうねぇ。
ToHeartのアニメもその辺ができていたのでしょう。
別の友人がシナリオ構成についてかなりいい感じで語ってくれてましたから。
私もレンタルしてみようかしら。

メディア展開させるのなら、いい物を作って欲しいじゃないですかw
お客としてそう思います。私の財布は硬いですけどね。
  1. URL |
  2. 2009/03/14(土) 20:20:56 |
  3. TomF #eOwU5P3o
  4. [ 編集]

>>Tomさん
一本の木の下で、各々のヒロインが”らしい”行動を見せる、というのがなんとも楽しいOPでした。
あの花びらも綺麗でしたねー。

この作品は各話毎にその女の子が主役、という形の形式でしたから、
それぞれの女の子に対する思い入れを強くする、という意味では良い作品だったと思います。
電車に乗って旅するのは、七瀬優の回ですねー。
物語の重要なポジションの女性を、三石琴乃さんが演じていてビックリした記憶があります。

To Heartも良い出来の作品ですので、機会があれば観てみる事をオススメしますよー。
  1. URL |
  2. 2009/03/15(日) 00:28:30 |
  3. R(略) #heOZGi.o
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryakushiki.blog64.fc2.com/tb.php/199-e887cd90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

R(略)P

Author:R(略)P
ニコ動にひっそりと
アイマスMADをアップしてたり。

※画像は歪氏の捏造グラをお借りしています。

Mail:r_ryaku略hotmail.co.jp (略を@に)

【zoome】:略式別件





【気まぐれに更新してます】
コミックダッシュ! R-ryaku の所有コミック

最新記事

最新コメント

カテゴリ

雑記 (280)
小話 (6)
制作関連 (128)
ニコマス関連 (75)
アイマス関連 (28)

月別アーカイブ

リンク

順不同・敬称略です。

検索フォーム

カウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。