スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

千早を笑顔にするのは、誰か?

大好きなPの方々の新作が立て続けに千早メインだったので、少しばかり記事を。


タイトルの通り、”千早を笑顔にするのは、誰か?”。
まずは、近作からこの2作品。

・アイドルマスター 彼女と笑えれば。 - メイP


・アイドルマスター 千早 『ハンマーソングと痛みの塔』 - エコノミーP


この2作品において千早を笑顔にするのは、春香及び765プロの面々。
この中においてPの存在は希薄で、極端な話居なくても問題無い。
それはゆっくりと氷を溶かすような感覚で、見ていてとても温かい。

お次は、こちらの作品。

・【アイドルマスター】”リヴィング・オン・ジ・エッジ”PV【千早】 - えびP


こちらの作品において千早を笑顔にするのは、千早自身。
この中においてはPの存在はおろか、千早以外の全ての存在までが希薄に感じる。
それは氷を固めて固めて永久結晶にでもするかのようで、見ていてとても力強い。

最後に、新旧入り混じりますがこの2作品。

・如月千早 『目が逢う瞬間』 -Hello to good-bye you to you- - 時雨P


・千早 目が逢う瞬間 ~私の答え~ - ねーよwwwP


それぞれの作品が辿り着くまでの前提を加味する事になってしまいますが、
この2作品において千早を笑顔にするのは、プロデューサー。
この中においては千早とP、二人以外の存在がわりと希薄で(上記に比べればずっと存在がありますが)、
お互いが強く結び付いており、代替不可能な印象すら受ける。
こちらも最初の例と同じく氷を溶かすような感覚なんだけど、
何故だろう、それと同時に新しい氷を作っているような感覚も。
(否定しているわけじゃなくて、あくまで感じた印象として)

どれが良いという話ではまったくなくて、千早の笑顔を見る方法は沢山あるという事で。
きっとこの笑顔っていうのが、千早の言う『居場所』にも繋がってくるのかな、と。

どうしよう、締めるつもりが投げっぱなしになっている気がする。

ちなみに現段階で自分の中の千早に一番近いのは、恐らく二番目の例。
でもこうなってほしい、という思いからしたら、一番目の例。
三番目に関しては、今の自分には語れない気がする。
  1. 2009/03/29(日) 19:58:11|
  2. ニコマス関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<おしらせー | ホーム | お疲れ様でした。>>

コメント

少なくとも言えるのは、じあめやねーよwwwPのほうが千早の扱いが深いし、うまいんだよね。わたえびPの千早はなんだかんだ言って浅いというか直球すぎるなぁと思っとります。
同じハンバーグでも、専門店と和食の店が無理矢理出したヤツじゃ、やっぱり違うんだよ。ただ和食の店らしく海苔の風味効かせたりとか、それなりの味は出してるんだけども。
どっちがハンバーグとして王道が、っつー話ですえび
  1. URL |
  2. 2009/03/31(火) 11:33:57 |
  3. えび #YUnqwnA6
  4. [ 編集]

No title

>>えびさん
自分は浅いとかは特に感じなかったんですけどねぇ・・・。
ある程度掘ってから、じゃあ次はどっちに掘っていこうかっていうだけで。

そりゃ千早を眺めている時間には確かに明確な差があるのでしょうが、
それを専門店や王道という言葉にしちゃうと、
ちょっとうーんとなってしまうというか。

うわなんか凄いdisっているみたいだ・・・スミマセン。
あれです、自分としてはハンバーグというよりもラーメンという感じです。
味噌・塩・醤油・豚骨。伝統の味に新進の味。
どれも自分にとってはラーメンですし、とても美味しいですという感じです。
  1. URL |
  2. 2009/04/01(水) 01:40:48 |
  3. R(略) #heOZGi.o
  4. [ 編集]

>>R(略)P
R(略)Pが2番目ですか。
私はあまり強く意識したことは無いですけれど、
R(略)P描く千早の後ろには必ず誰かの影というか支えみたいなものを感じるんですよね。
『Music』『歌う人』は当のPは確かに出てこないんですが、
”彼がセッティングした舞台”
っていう雰囲気が凄く良く出ている気がします。

特に『歌う人』に関しては千早のプロデューサーが千早を主役として、
彼女が望む歌を望むように歌わせてあげたいという意思を感じるというか。
だからこそ彼女が歌っている最中の落ち着いた表情に私の涙腺がきてしまうのだと思います。

それに私が以前ここで発言したように、R(略)Pの千早の笑顔なり平穏なりは
「日常」に表れている気もするんですよね。
ステージで歌っているときも、彼女はその歌で「日常」と「非日常」をごくごく自然に繋げているように、
私は思えるのですよ。そして日常ってのは周りとの関係で出来上がっていくものですから、
Pと千早だけ、とか千早と特定のアイドルだけって状況はそれほど機会が無いと思うんですよ。
ですからR(略)Pの千早動画が上の3つの内どれか?と訊かれると私は答えに窮してしまいます。

やはり以前話したように視点の違いが大きく出ているのでしょうか?
時雨PとねーよPのおふた方が 作者=P の視点でいるのは疑いようの無い宇宙の真理ですが、
R(略)Pはそうではないですし。

うーん纏まらないw
でも、一つだけハッキリさせておきたい事が。

私がR(略)Pの千早から共通して受けるイメージは、
色んなことを乗り越え積み重ねた女性というものです。
その積み重ね。
それは春香と仲良くなったエピソードかもしれない。
プロデューサーとの関係の進展かもしれないし、
他のアイドルとの付き合いかもしれない。
とにかくそういった様々な人と千早との関係を
こちらに想像させてくれる雰囲気をR(略)Pの作品からは感じます。

そして私はそんなR(略)Pの作品が大好きです。


PS:
誰が千早を笑顔にしているのか、という事はそれほど重要じゃなくて、
「笑顔になれてる千早」をR(略)Pが描けているのだから、
特定の人間を示す必要は無いんじゃないでしょうか?
昨日は春香に励まされ、今日は美希の無邪気さと快活さに救われ、
明日はPのセッティングしたライブでメインを務め、
何ヶ月か後には春香を励まし、美希含めみんなに見送られる様な……。
そんな人生を千早が歩めたらなと私は願っています。
  1. URL |
  2. 2009/04/02(木) 21:04:40 |
  3. TomF #eOwU5P3o
  4. [ 編集]

>>Tomさん
誤解を与えちゃってるようなので申し訳無いのですが、今回の記事は笑顔の要因を探るというよりは、
物語の紡ぎ方の違いを考えるような内容でした。
ついでに書いてしまうと、この記事において自分が何番かという話はまったくの蛇足です。

その上で書いてしまいますが、自分の中の千早は確かに後ろに誰か居るかもしれませんが、
それは隣にではないんですよね。
なので、自分の中では二番のイメージかなと。

こんな自分の作品ではありますが、好きでいてくださってありがとうございます。
  1. URL |
  2. 2009/04/03(金) 03:10:42 |
  3. R(略) #heOZGi.o
  4. [ 編集]

>>R(略)P
ナナメ45度に向かってダッシュ!ダッシュ!!するのが得意なTomがお伝えしました。
  1. URL |
  2. 2009/04/03(金) 20:12:07 |
  3. TomF #eOwU5P3o
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryakushiki.blog64.fc2.com/tb.php/214-a4eafbf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

R(略)P

Author:R(略)P
ニコ動にひっそりと
アイマスMADをアップしてたり。

※画像は歪氏の捏造グラをお借りしています。

Mail:r_ryaku略hotmail.co.jp (略を@に)

【zoome】:略式別件





【気まぐれに更新してます】
コミックダッシュ! R-ryaku の所有コミック

最新記事

最新コメント

カテゴリ

雑記 (280)
小話 (6)
制作関連 (128)
ニコマス関連 (75)
アイマス関連 (28)

月別アーカイブ

リンク

順不同・敬称略です。

検索フォーム

カウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。