スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ああもう



メイPの作品のなんでこんなにストライクなのだろう。
自分の思い描く作品の方向性を体現してくださるPであり、
間違いなく目標としたいPの一人です。

自分の作品はまだまだ曲やアイドル達の魅力に助けられている部分が多く、
その二つを繋ぐ部分を、現在進行形で模索し続けています。
如何にして、自分のイメージを形にしていくか。
そういった意味では、自分の目指す方向性と重なる作品を観ることは、
「実現出来る」という可能性を見せて頂いているようで、とても励みになるのです。
  1. 2008/09/28(日) 01:12:43|
  2. ニコマス関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<突発的新作 | ホーム | まだまだ助走>>

コメント

はじめまして。

どうも、はじめまして。
私、whoPの美希からニコマスに入ったTomと申します。以後宜しく。
早速ですが、記事に関する見解を…。

メイPは凄いですね。ショートストーリーと歌と演出、すべてを最大限に生かして
メッセージを伝えてきているような感じがします。
技術的にも凄いんですが、それを見せ付けるような印象は全く無く、
歌に関しても完成したMADで矛盾が生じないように慎重に歌詞を吟味したような気がするのは私の思い込みでしょうか。

R(略)Pも選曲に特に気を使っておられますね。
とてもいいことだと思います。これからも頑張ってください。



……さつま芋のツルはキンピラになるんですよ(笑)
  1. URL |
  2. 2008/09/29(月) 01:04:30 |
  3. whoPファンのTom #eOwU5P3o
  4. [ 編集]

>>whoPファンのTomさん
はじめましてー。こちらこそ以後宜しくお願い致します。
自分もwhoPの1ファンですよ!

メイPは『HAPPY DANCE』で知った遅めのファンなのですが、
あの1曲の中で一つの物語を描ききる鮮やかさは凄いなぁと思います。
感覚にストレートに触れてくる演出、歌詞に引っ張られずに噛み砕いた上で
歌自体もしっかりと作品を彩る1要素として表現されていますよねぇ。

自分は今のところ曲から作品を作るスタンスなので、
選曲を褒めて頂けると素直に嬉しいです。
これからも曲に引っ張られるのではなく、曲も含めて表現出来たらなと思います。
応援ありがとうございます!

さつま芋のツル…ちょっと入手が大変そうですが、試してみたいと思いますw
  1. URL |
  2. 2008/09/29(月) 06:52:37 |
  3. R(略) #heOZGi.o
  4. [ 編集]

ちょっと長いです

新作の『祈りにも似た美しい世界』ですが。
千早が翼を広げるような仕草をした部分で、もしやと思ったらやはりR(略)Pでしたか。

私はMADを製作したことが無いですから技術的なことはわかりません、かわりにMADを見るようになったきっかけなど聞いて下さい。そこ、うざいっって言わない。自己紹介代わりだと思いなせぇ。

ニコニコ動画に来る前はアイマスに全然興味なかったです。
と、いうか「所詮ギャルゲーだ」って切って捨てていましたね。胸が大きいだけのキャラとか、類型にはまった萌えキャラとしてしか見てませんでした。
しかし、whoPの動画を見て考えは劇的に変わりました。あの詰め込みまくった内容のMADを見て、最初はまったく理解できなかったんですが、すごく惹き付けられたんですよ。それで、本編コミュを見てからもう一回見て・・・ボロ泣きしました。
おそらく私がXboxを所持して美希をプレイしてもここまで美希を好きになることは無かったと思います。箱版のコミュってあっさりし過ぎていたり、演出面で足りないところとかあるじゃないですか。千早コミュのBGMとか。
あれだけでは人物の奥行きがイマイチ感じられないんですよね。私だけかもしれませんが、少なくとも私はそうだったです。
でも、色んなMADを見た後だから解ることですけど、彼女たちの人格や仕草っていうのはちゃんと背景があって、その上での本編コミュなんです。そういった公式で表現し切れなかった魅力をMADという形でやってくれている職人さんたちは凄いと思うし素直に感謝もしています。(タダだし…w)

とにかく、whoPの動画を一応全部観て(ほとんど洗脳動画でしたw)美希を好きになって……。次に美希が自ら「さん」づけで呼んでいる千早に興味がわいたんですよ、whoPと時雨Pが仲良かった事もありましたし。美希の場合と違い今度は公式コミュチェックから入りました。色んなPからよってたかって胸をネタにされているのはよく見かけていたんですがね。それだけじゃいけないって。

で、公式といくつかのMADを観た結果……
千早も好きになりました。
そして思ったのは千早もタダの萌えキャラではない。と言った感じです。

ここまで書いておいてなんですが。まだまだ長くなりそうなので一旦ここで切ります。
R(略)Pがお気に召さないなら続きはやめておこうと思います。



………栗は一皮むけただけで食べる人、少ないです。(栗の渋皮煮)
  1. URL |
  2. 2008/09/30(火) 22:54:36 |
  3. 美希と千早も好きなTom #eOwU5P3o
  4. [ 編集]

>>美希と千早も好きなTom
最初コメを開いた時におおう、何事かと思ってしまいました;
自分もニコ動からアイマスに入った身ですので、続きが気になりますね。
そちらに問題が無ければゴリゴリ書いちゃってください。

自分としては、MADの位置付けとして一つ『別視点での捉え方』という考えがあります。
人間はどんなに頑張っても、自分一人では自分以上の考え方というのはなかなか出来ないもので、
特に芸術と呼ばれる類のものは、自分以外の方の評価を見て聞いて、初めて気付くという事も多いです。
アイマスMADに関しても、それこそ制作するPの数だけ視点があると思います。
ただその視点も、大元を辿るとアイドルマスターという一つの作品。そしてそれぞれのアイドル達。
そういった意味では、MADを観るという行為は大元に向けて様々な角度で設置された、
双眼鏡を覗き込むような事なのかもしれません。「この角度からはこう見えるのか…」というような。

正面からはうつむいて見えなかった表情も、下から覗き込めば知る事が出来ます。
美希と千早も好きなTomさんがMADを観た後で本編コミュに対して感じた事は、そういう事なのかなーと。

そういえば栗も美味しい季節ですよね(唐突に)。
  1. URL |
  2. 2008/10/01(水) 00:56:49 |
  3. R(略) #heOZGi.o
  4. [ 編集]

続きです。というか美希千早論(長すぎw)

それでは美希を引き合いに出して語らせていただきます。

美希がゆとってるのはその恵まれた資質と家庭環境が原因で、ぱっと見はわからないけれどそんな自分を変えようともしている。だから千早の事はすごく努力している尊敬できる人と見ています。
そう考えている根拠として、そもそも美希は年齢とか肩書きとか言ったことに頓着しない点が挙げられます。4つも年上の律子の事ですら呼び捨てで呼びたいと主張していますしね。その度に「修正!」を喰らってしぶしぶ言い直していますが、本人がいない所だと平気で呼び捨てにしています。
対して千早には自分から敬称を付けています。私ははじめ、美希がからかって「さん」付けしてるのかと思っていましたが、どうもそうではないらしいです。美希の幼少時のエピソードとして鉄棒が出てきますが、彼女はその時の記憶を「悪い思い出」とハッキリ言っているんです。両親に「頑張らなくてもいい」と言われたのがずっと引っかかっていたんですね。「ずっと前から感じてて(ry」と言った台詞もそれを裏付けます。
ゆとった態度をとりながらも周りをそれなりに観察していた訳ですね。ホントよく出来ています、本編コミュだけでは拾い切れないですが。


で、千早ですが、美希と千早って正反対な部分が沢山ありますよね。
例えば胸。よくMADで千早がネタにされますが、美希との対比で考えた場合、非常に面白い意味合いを持たせられます。というのも歌以外の事に関心が無い千早にとって胸なんて飾りです。低ランクの千早は「家族」という概念に絶望していて、異性を愛するなんて考えもしなかったと思います。だからからかわれるまで自分の胸のサイズが小さい事にすら気づかなかったでしょう。
対する美希は恵まれているという自覚が薄い。
何にも本気では取り合わない美希と、何事でも真面目に取り組もうとする千早。
友達が沢山居る美希と千早の交友関係の狭さ、浅さ。
赤ん坊同然の心を持った美希と、常に論理的であろうとする千早。
千早と美希は一事が万事こんな感じで正反対です。
簡単に言ってしまえば「恵まれててゆるい美希とそうでない千早」、となります。

しかし、こうなった原因は何でしょう。(先天的なものを除いて)
答えは簡単、家族です。

千早の弟の不幸が、その後の千早と家族のあり方を決定してしまいました。
もし、千早の弟が事故に遭わなければ…。その後両親が不和になったりしなければ…。あくまで可能性でしかないですけれど、美希のように育ったかもしれないんです。「かも」ですよ、ここで激しい突っ込みは無しでお願いします。美希の様にとまでは行かなくても、あんな風に余裕の無い人格になったりはしなかったでしょう。そこは納得してください。
で、次に美希の覚醒イベント。
本編コミュではプロデューサーは軽傷で済みますが、whoPのPはある世界では死んでしまいます。あれはMADには違いないんですが、あまりにもよく出来ていて、整合性も取れているのでここで扱ってもいいと思います。あの事故の後、美希は「何かしなきゃ、」と言って再び舞台に立ち、歌い、踊ります。もう赤ちゃんの様にはしていられない。

…似てませんか?二人は。
子供でいられなくなった千早と子供のまま大きくなった美希。
一見程遠いい二つの個性ですが、まるで意図しているかのように共通する流れをもっています。

実は千早の事を考えるようになったのには、少し個人的な物があるんです。千早のコミュを見たときに彼女のような人間をどこかで見たことあるなと思ったら、私の友人だったんですよ。その友人も両親が不仲で、ちょっと歪んだところがある。大人な思考パターンを身につけた一方で、ワガママな部分を押さえきれないところもある。家族に幻滅して距離を置きたがる等々。楽しい友人なんですが、辛い時でもムリして冗談をかますのは聞いていて痛々しい時もあります。ちなみに千早と違い小説書き。最高のブラックユーモアで笑わせてくれます。
思考が友人に及んだ段階で、私は「ああ、千早のような境遇なら自然とああなってしまうのかも」、と思いました。


そういった過去と背景をもった人物として『Music』の千早を見ると、、、
どれほど長い間孤独だったか、想像しきれなくても考えてしまって。
毎回泣いてしまいます。
そして、笑った顔を見たときに
「よかったね」って。 
本当にそう思えて…また泣きます。

あれはいいMADです。ありがとうございました。



>>「栗は一皮むけただけで食べる人、少ないです。」
ですが、あれは『Music』冒頭で私がした、R(略)Pへの最初のコメント「このPは一皮むけた」と、
『アイマしんぼ』の食べ物ネタと、
「MAD製作者としてもう一皮R(略)Pがむけますように」
との願いを込めた一言だったんですが、余りにもわかりにくかったですね。
言い直すと…
 「もう一皮むけて、沢山の人に認められるMAD製作者になれるといいですね。」
ってトコです。
ちなみに渋皮煮は手間がかかるけれど美味しいです。
秋刀魚に限らず旬のものが一番!ですよね、如月ゆう子さん。
  1. URL |
  2. 2008/10/01(水) 19:32:42 |
  3. もちろん時雨Pも好きですTom #eOwU5P3o
  4. [ 編集]

>>もちろん時雨Pも好きですTomさん
美希千早論、なかなか興味深く読ませて頂きました。

一見して重なるところの無いような二人。ですがその根幹は思いの外似ていて。
だからもしかしたら、両親に止められても諦めないで
逆上がりを成功させていた美希が居たかもしれませんし、
かげがえのない弟を失って、無気力のまま彷徨い続ける千早も居たかもしれません。
IFを考えるのは二次創作の醍醐味ですが、
この二人の描くIFの線はかぎりなく近い軌道を描くのかもしれませんね。

『Music』は、千早に幸せになって欲しいという気持ちで作りました。
千早にとっての幸せ。それはまさに本編通り、”歌を愛しながらも、歌に縛られない”事なのかなと。
悲しみや苦しみを全て受け入れた上で、それでも笑顔になれるということ。

泣いてしまいます、という感想。本当に嬉しく感じます。ありがとうございました。
もう一皮剥いてみたら、意外と中身は小さかった…というような事にならないよう、
これからも精進していきたいと思います。
  1. URL |
  2. 2008/10/01(水) 22:10:51 |
  3. R(略) #heOZGi.o
  4. [ 編集]

名作の条件

映画の名作と呼ばれているものの多くは「ムダ」な要素があまりありません。
何気ない仕草や沈黙、風景などなど。
一見作品にとって必要とは思えないものでも
登場人物の属する世界を説明していたり、心情とリンクしていたりと、何らかの意味合いを含ませているものなのです。
また、私はいくらその部分がよく出来ていても、作品全体を俯瞰した時に意味が見出せなければカットするべきだと考えています。また、俯瞰した際にある部分だけが浮いてしまう場合(借り物の台詞や状況などに多いパターン)も、これを修正すべきだとも考えています。
結果、映画はカットされた分短くなりますが、大抵の映画は2時間ほどで、それ以上のものになると、中だるみしたりコンセプトがぼやけたりして作品にケチがついてしまうものです。尺は重要です。

以上で前ふり終わり。本題に入ります。

私がR(略)Pの千早『Music』を特別視しているのは、
上で挙げた理由から来ています。
あのMADの開始から終了まで、不要なものなど一つもなく、
全てに意味を持たせられていると感じたからです。

どういう思いで舞台に立っているか…、歌とパートナーにかける想い。
それらを認識した上で1番の最後の笑みを見るともうただの笑顔に見えなくなります。
「世界は悲しい事ばかりじゃないんだと」で大きく体を広げるダンスがとても美しいものに見えてくるのです。
R(略)Pの「千早に幸せになって欲しい」と言う願いが、ただのダンスに全ての表情に重みを、意味を持たせたのだと思います。
他の人のコメントで、「千早輝いてるな」というのがありましたが、恐らくそういう事なんだと思います。

何を伝えるか、何を表現したいのか。
それはあらゆる作品にとってもっとも重要なものだと思います。
借り物ばかりで作るMADなら尚更ですね。
演出も役者もどんなアクションも、これらを差し置いて出しゃばるべきではないと思います。
ただし役者やスタッフのエゴは、作品に深みを与える事も多々あるので差し引きは重要ですが。

メイPも、まずコンセプトやメッセージがあって、
それらを伝えるために何が必要で何が不必要なのかを見極めることを重視しているのでしょうね。
そうやって完成した作品は飽きません。名作は色あせないものなのです。
人によって何が名作かはマチマチですがね。
(長々と書きましたが、千早曰く「技術だけの歌は歌ですらないのかもしれませんね」。アンタは偉いわw)
  1. URL |
  2. 2008/10/08(水) 21:40:05 |
  3. Tom #eOwU5P3o
  4. [ 編集]

>>Tomさん
記事の動画がああいう事になってしまったので、
この記事を開くのはちょっと寂しくなりますね…。

それはそれとして、なんかもう恥ずかしくなるくらいの感想ありがとうございます。
無駄を省く…洗練していくイメージでしょうか。
確かに世に名作と言われる作品はカチリと収まっている印象があります。
ただ、この無駄を省くというのは非常に曲者でして。
何を(誰を)基準にして無駄か、という落とし穴があるんですよねぇ。
この辺の見極めを誤ってしまうと、受け取る側にとって必要な情報すら削ってしまう事になりかねないと。
このバランスは非常に難しい…。

『Music』に関しては、無駄を省くという形ではなく、自分の中のピースが余る事無く収まった感覚です。
その辺が上記のような評価を頂けている理由なのかもしれませんね。
  1. URL |
  2. 2008/10/09(木) 00:33:40 |
  3. R(略) #heOZGi.o
  4. [ 編集]

ちょっとマズりました。無駄無駄いいすぎましたね。

友人と映画の話をする時によく出てくる台詞で、
「シナリオは映画の背骨」
「いいシナリオからはいい映画も悪い映画もできるが、
悪いシナリオからいい映画は絶対に生まれない」
というものがあります。

これを人の体を喩えに、
シナリオやテーマ=背骨  演出など=お肉
と表現しています。

背骨はまっすぐ、頑丈にしたまま、肉付けをしていく。背骨が無ければお話になりませんが、営利目的のみで作ったような映画の続編や、映像作家出身の監督の映画に多いのが現状です。お肉はちょっと付けすぎたぐらいにした後で、減らして理想の体型に近づけていくのが好い。
脂肪は多すぎてもブサイクですが0%にすると、柔らかさ豊かさがなくなってしまう。
…仰るとおりバランスが難しいんでしょうね。

もっとも新作の『サンキュ.』を見る限り、R(略)Pは大丈夫だと思います。
動画へのアプローチがどれも丁寧で過剰演出になることはないでしょう。
あくまでTom専用の作品論と受け取ってください。

PS:メイPの作品に敬意を表します             Tom
  1. URL |
  2. 2008/10/13(月) 14:00:41 |
  3. Tom #eOwU5P3o
  4. [ 編集]

>>Tomさん
度々ありがとうございます。
自分の作品からすれば、背骨はおそらく『歌詞』なんでしょうね。もう少し広げれば『曲』。
借りてきた背骨なのでしっかりしているのは有難いのですが、
人によって肉の付き方が違うという面も。
この辺がバランスの難しさですね。精進精進…。
  1. URL |
  2. 2008/10/13(月) 19:44:20 |
  3. R(略) #heOZGi.o
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryakushiki.blog64.fc2.com/tb.php/5-78036ffd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

R(略)P

Author:R(略)P
ニコ動にひっそりと
アイマスMADをアップしてたり。

※画像は歪氏の捏造グラをお借りしています。

Mail:r_ryaku略hotmail.co.jp (略を@に)

【zoome】:略式別件





【気まぐれに更新してます】
コミックダッシュ! R-ryaku の所有コミック

最新記事

最新コメント

カテゴリ

雑記 (280)
小話 (6)
制作関連 (128)
ニコマス関連 (75)
アイマス関連 (28)

月別アーカイブ

リンク

順不同・敬称略です。

検索フォーム

カウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。