スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小話。

「最近、急に涼しくなりましたね」

窓からの景色は少し前とさして変わらないように見えるのに、
触れた窓枠はひんやりと秋の温度を伝えてくる。

「千早は、涼しいのは嫌いか?」

作業がひと段落したのだろう。
プロデューサーが椅子の上で大きく伸びをしながら、顔だけをこちらに向ける。

「―――嫌い、ではないですね。
 この澄んだ空気は、私の声をどこまでも運んでくれるような気がします」

透明感に溢れる世界が一面、歌に染まっていくような―――。

それを聞いたプロデューサーは、マグカップを傾けながら小さく笑う。

「あの、何かおかしかったでしょうか?」

「……いや、千早なら本当にどこまでも声を響かせそうだな、ってな。
 でも頼むから喉だけは痛めんでくれよな」

プロデューサーがとんとん、と小さく自分の喉を叩く。
釣られるように私もそっと喉を撫でながら、「そうですね」と小さく笑った。

[小話。]の続きを読む
  1. 2008/09/29(月) 20:47:00|
  2. 小話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ

プロフィール

R(略)P

Author:R(略)P
ニコ動にひっそりと
アイマスMADをアップしてたり。

※画像は歪氏の捏造グラをお借りしています。

Mail:r_ryaku略hotmail.co.jp (略を@に)

【zoome】:略式別件





【気まぐれに更新してます】
コミックダッシュ! R-ryaku の所有コミック

最新記事

最新コメント

カテゴリ

雑記 (280)
小話 (6)
制作関連 (128)
ニコマス関連 (75)
アイマス関連 (28)

月別アーカイブ

リンク

順不同・敬称略です。

検索フォーム

カウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。